冠水に気づかず進入、女性溺死

16日夜、栃木県鹿沼市内の市道で、豪雨によって冠水したアンダーパスに軽乗用車が進入して立ち往生する事故が起きた。クルマは完全に水没したが、これが発覚したのは水が引き始めてから。運転していた45歳の女性は死亡している。

自動車 社会 社会
16日、栃木県鹿沼市内で、豪雨によって冠水したアンダーパスに軽乗用車が進入して立ち往生する事故が起きた。軽乗用車は完全に水没したが、これが発覚したのは水が引き始めてから。運転していた女性は死亡している。

栃木県警・鹿沼署によると、事故が発覚したのは16日の午後7時20分ごろ。鹿沼市茂呂付近の東北自動車道下を通る市道のアンダーパスで、豪雨による道路冠水のために通行規制を行っていた同署員が、中央部で水没している軽乗用車の屋根部を発見した。

運転していた45歳の女性は車内に取り残されたままで、救助されたものの、まもなく死亡が確認された。溺死とみられている。

調べによると、鹿沼市付近では午後5時から6時までの間に66.5mmの降水量を記録する豪雨に見舞われ、現場のアンダーパス部は午後5時30分ごろに約20cmの冠水となった。このため、通行止めを知らせる自動表示機が作動していたという。

しかし、女性のクルマはその約40分後に現場へ進入したとみられ、午後6時10分ごろには家族に対して「川に流された、助けてくれ」という内容の電話連絡を行っていた。署員が現場に到着したのは午後7時ごろで、水が引き始めたことでクルマの屋根部が見えてきたとされる。

警察では女性が進入禁止の表示に気がつかず、漫然とアンダーパスへ進行した可能性が高いと推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集