駐車車両に追突、高校教諭を酒酔い運転で逮捕

自動車 社会 社会

29日午後、宮城県仙台市太白区内の市道を走行中の軽乗用車が、路上駐車していた軽ワゴン車に追突する事故が起きた。運転していた45歳の男からは高濃度のアルコール分を検出。酒酔い運転の現行犯で逮捕している。

宮城県警・仙台南署によると、事故が起きたのは29日の午後1時ごろ。仙台市太白区柳生4丁目付近の市道で、路上駐車していた軽ワゴン車に対し、後ろから進行してきた軽乗用車が追突した。

追突車を運転していた男は酒臭く、アルコール検知を実施したところ、呼気1リットルあたり0.5ミリグラムのアルコール分を検出。道路交通法違反(酒酔い運転)の現行犯で逮捕している。

後の調べで、逮捕されたのは45歳の高校教諭の男と判明。当日は休暇を取っていたという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集