駐車場から20m下まで転落、2人死亡

自動車 社会 社会

15日午後、石川県白山市内の駐車場から軽乗用車が転落する事故が起きた。クルマは約20m下まで落ちて大破。乗っていた2人は心肺停止の状態で発見されたが、いずれも収容先の病院で死亡している。

石川県警・鶴来署によると、事故が起きたのは15日の午後2時15分ごろ。白山市白峰付近の白山登山道入口付近にある駐車場で、場内に進入してきた軽乗用車が路外へ逸脱。そのまま約20m下まで転落した。

クルマは転落時の衝撃で大破。運転していた65歳の男性は車外に投げ出されて全身を強打。同乗していた62歳の女性も壊れたクルマの車内に取り残された。2人は地元消防に救助されたが、救助時にはすでに心肺停止の状態。その後、県の防災ヘリコプターで病院に搬送されたが、いずれも同日夕方までに死亡が確認されている。

現場は県道沿いにある駐車場。崖に面しているが、車止めや柵などは設置されていないという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集