ドリフト失敗、2人死傷

自動車 社会 社会

15日未明、岐阜県揖斐川町内の町道を走行していた乗用車が対向車線側に逸脱。道路右側の斜面に乗り上げて横転する事故が起きた。クルマは大破し、乗っていた2人が死傷している。ドリフト走行などの無謀行為が事故原因とみられている。

岐阜県警・揖斐署によると、事故が起きたのは15日の午前3時55分ごろ。揖斐川町春日川合付近の町道を走行していた乗用車がカーブを曲がりきれず対向車線側に逸脱、そのまま道路右側の斜面に突っ込んだ。

クルマは斜面に乗り上げた弾みで横転、助手席側を下にした状態で大破した。この事故で助手席に同乗していた19歳の男性が全身強打で間もなく死亡、クルマを運転していたブラジル国籍を持つ25歳の男性も打撲などの軽傷を負った。警察ではこの男性から自動車運転過失致死容疑で事情を聞いている。

現場は片側1車線の緩やかなカーブ。クルマはドリフトなどの無謀走行を行っていた最中に発生した。事故当時は速度超過状態でカーブに進入。曲がりきれないまま道路右側に飛ばされたと推測されている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集