路肩に停車中のクルマに大型トラック追突、車外の男性死亡

自動車 社会 社会

14日午後、三重県伊賀市内の名阪国道上り線で、接触事故を起こして路肩に停車していた乗用車とマイクロバスに対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突した。乗用車の車外に出ていた男性が死亡。他の2人も軽傷を負っている。

三重県警・高速隊によると、事故が起きたのは14日の午後2時25分ごろ。伊賀市高畑付近の名阪国道上り線で、接触事故を起こして路肩に停車していた乗用車とマイクロバスに対し、後ろから進行してきた大型トラックが追突した。

乗用車はトラックに弾き飛ばされ、前方で接触被害の状況を確認していた24歳の男性が押し出される状態となった。男性は全身強打で死亡。同様に車外に出ていた24歳の女性が打撲などの軽傷。車内にいた15歳の女性も軽傷を負った。マイクロバスの24人にケガはなかった。

現場は中瀬インターチェンジ近くの直線区間。警察では大型トラックを運転していた40歳の男性から自動車運転過失致死傷容疑で事情を聞いている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集