車内で飲酒の男、逃走中に事故を起こして逮捕

自動車 社会 社会

11日未明、福岡県篠栗町内の市道で交通違反を行ったとしてパトカーの追跡を受けていた乗用車が路外に逸脱。道路沿いにある駐車場の金網フェンスに突っ込む事故が起きた。警察はクルマを運転していた24歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

福岡県警・粕屋署によると、事故が起きたのは11日の午前0時50分ごろ。篠栗町尾仲付近の市道をパトロールしていたパトカーが交差点の信号を無視して進行する乗用車を発見。ただちに停止するように命じたが、クルマはこれを無視して逃走した。

クルマは約1kmほど逃走したところで路外に逸脱。道路右側の駐車場に突っ込み、金網フェンスに衝突。クルマを運転していた24歳の男は酒臭く、その後のアルコール検知において酒気帯び相当量のアルコール分を検出したことから、道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「車内で缶ビールなどを飲みながら運転していた」などと供述しており、警察では飲酒量や購入場所の特定を急ぐ方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集