クラレ、ポリビニルアルコール樹脂など値上げへ

自動車 ビジネス 企業動向

クラレは、ポリビニルアルコール樹脂『クラレポバール』、酢酸ビニル系新規水溶性樹脂『エクセバール』について、7月1日出荷分から価格を値上げすると発表した。

原料・ナフサ価格は依然として高騰を続けており、主原料である酢酸ビニルモノマーをはじめユーティリティコストや副資材価格も上昇が続いている。

同社では、数回にわたり、主原料の価格高騰を理由にポリビニルアルコール樹脂の価格引き上げを実施してきたが、全世界的に旺盛な需要を背景に原料価格の騰勢が続き、事業収益が急速に悪化している。一方で、需給状況は国内・海外ともに需要が引き続き好調に推移しているため、バランス状況はタイトで推移している。

こうした状況下、安定供給の維持、採算の改善のために、価格値上げを実施する。

値上げ幅は1kg当たり40円をアップする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集