刑務所に入りたくて警察署に突っ込む

25日、香川県丸亀市内にある香川県警・丸亀署の正面玄関付近に軽乗用車が突っ込む事故が起きた。運転していた男は調べに対して「早く刑務所に入れてくれ」などと供述しているという。警察では生活苦から故意に犯行に及んだ可能性が高いとみている。

自動車 社会 社会
25日、香川県丸亀市内にある香川県警・丸亀署の正面玄関付近に軽乗用車が突っ込む事故が起きた。運転していた男は調べに対して「早く刑務所に入れてくれ」などと供述しているという。警察では生活苦から故意に犯行に及んだ可能性が高いとみている。

同署によると、事件が起きたのは25日の午前4時30分ごろ。丸亀市大手町2丁目付近の市道を走行していた軽乗用車が急ハンドルを切り、同署の玄関部分に突っ込んできた。

クルマは強化ガラス製の自動ドア(高さ約2m、横幅0.9m)に衝突。ドアが外れるなどしたが、損壊などの被害はなかった。警察ではクルマを運転していた21歳の男を建造物損壊の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「逮捕されたくてやった」、「早く刑務所に入れてくれ」などと供述しているという。警察では生活苦から故意に犯行に及んだ可能性が高いとみて、犯行動機をさらに調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集