県教委職員、飲酒運転の現行犯で逮捕

自動車 社会 社会

24日朝、青森県青森市内の県道で、信号待ちをしていた車2台に対し、後ろから進行してきた乗用車が追突する事故が起きた。警察は青森県教育委員会(県教委)で学校教育課の主幹職にある51歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

青森県警・青森署によると、事故が起きたのは24日の午前8時45分ごろ。青森市石江江渡付近の県道交差点で、信号待ちをしていた車2台に後ろから進行してきた乗用車が追突。3台が関係する多重衝突事故に発展した。

事故によるケガ人は出なかったが、追突車を運転していた男からは酒気帯び相当量のアルコール分を検出。道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕した。後の調べで県教委で学校教育課の主幹職にある51歳の男だということが判明している。

男は2002年にも飲酒運転を起因とする物損事故で検挙されているという。警察では飲酒した場所や量の特定を急いでいる。なお、県教委は何らかの懲戒処分実施を検討しているようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集