路上駐車の大型トレーラーにバイク追突、男性死亡

自動車 社会 社会

23日未明、神奈川県厚木市内の国道246号で、路上駐車していた大型トレーラーに対し、後ろから進行してきたバイクが追突した。バイクは転倒し、路上に投げ出された運転者の男性が死亡している。

神奈川県警・厚木署によると、事故が起きたのは23日の午前4時50分ごろ。厚木市船子付近の国道246号で、路肩に停車していた大型トレーラーに対し、後ろから進行してきた38歳男性の運転するバイクが追突した。

バイクは転倒。男性は路上に投げ出された際に全身を強打。近くの病院に収容されたが、約5時間30分後に死亡している。警察ではトレーラーを駐車していた48歳の男性から事情を聞いている。

現場は片側2車線。駐停車禁止区域に当たるが、休憩のためにハザードランプを点灯させた状態で駐車していたという。警察ではバイク側の前方不注意を事故の主因と推測している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集