時効寸前まで逃走 ひき逃げ事件被告に懲役4年を求刑

自動車 社会 社会

2003年4月、福井県敦賀市内の国道8号で、道路を横断していた2歳の男児(当時)をひき逃げして死亡させたとして、業務上過失致死などの罪に問われた41歳の男に対する論告求刑公判が12日、福井地裁で開かれた。検察側は懲役4年を求刑している。

問題の事件は2003年4月12日の午後10時40分ごろ発生した。敦賀市本町付近の国道8号で、道路の反対側にあるラーメン屋台に向かおうと道路に飛び出した2歳の男児が進行してきたクルマにはねられた。男児は頭部を強打して間もなく死亡、クルマは現場からそのまま逃走した。

容疑者の行方はわからないままだったが、時効まであと2か月と迫った今年1月、41歳の男が容疑に関与したものと断定し、業務上過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕。後に同罪で起訴されていた。

12日に福井地裁で開かれた論告求刑公判で、検察側は「被告は飲酒運転や信号無視などの違反行為を以前から繰り返していた」と指摘。「ひき逃げ事故後に容疑車両を処分し、証拠の隠滅を図るなど、犯行は極めて悪質である」として、裁判所に懲役4年の実刑を求めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集