無人のクルマが滑走、女性が巻き込まれ意識不明に

9日夜、長野県塩尻市内の市道で、路上駐車した軽乗用車が無人のまま滑走し、このクルマから降りたばかりの52歳女性がはねられる事故が起きた。女性は全身を強打して意識不明の重体となっている。

自動車 社会 社会
9日夜、長野県塩尻市内の市道で、路上駐車した軽乗用車が無人のまま滑走し、このクルマから降りたばかりの52歳女性がはねられる事故が起きた。女性は全身を強打して意識不明の重体となっている。

長野県警・塩尻署によると、事故が起きたのは9日の午後8時ごろ。塩尻市旧塩尻付近の市道で、路肩に路上駐車されていた軽乗用車が無人のまま坂道を滑走。このクルマから降車したばかりの52歳女性に背後から衝突した。

クルマはそのまま道路脇の畑に転落。女性はこれにも巻き込まれて全身を強打。近くの病院に収容されたが、意識不明の重体となっている。

クルマのエンジンは切られた状態だったが、警察ではサイドブレーキの掛け方が甘かった可能性があるとして、車両の検証を進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集