10人乗りの軽トラックが衝突 全員重軽傷

自動車 社会 社会

4月28日夜、兵庫県赤穂市内の県道を走行していた軽トラックが路外に逸脱し、道路左側の電柱に衝突する事故が起きた。この軽トラックには運転席に2人、荷台に8人が乗車しており、全員が重軽傷を負っている。

兵庫県警・赤穂署によると、事故が起きたのは4月28日の午後9時20分ごろ。赤穂市周世付近の県道を走行していた軽トラックが路外に逸脱。道路左側の電柱に正面衝突した。

クルマには運転席に2人、荷台に8人のが乗車しており、このうち2人が頭部を強打して意識不明の重体、8人が骨折や打撲などの重軽傷を負った。乗車していたのは17 - 18歳の男子高校生を中心としたグループで、遊び仲間だったという。

現場は見通しの良い片側1車線の直線区間。クルマはかなりのスピードを出していたものとみられている。警察では運転者の特定を急ぐとともに、道路交通法違反(設備外/定員外乗車)や、自動車運転過失傷害容疑で調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集