ソリッドグループ第3四半期決算…赤字拡大 訴訟費用負担増で

自動車 ビジネス 企業動向

ソリッドグループホールディングスが発表した2007年4 - 12月期(第3四半期)の連結決算は、当期損益が4億2900万円の赤字となった。

売上高は同19.2%増の309億3100万円と、2ケタの増収となった。買取台数、オークションでの販売台数が増加した。

しかし、損益は販売一般管理費の増加、ソリッドアコースティックスやリーマン・ブラザーズ証券に対する係争費用などの影響で、営業損益は13億9900万円と赤字で、前年同期と比べて赤字幅が拡大した。前年同期11億2000万円だった経常赤字も13億5700万円に悪化した。

通期業績見通しは前回発表したものを据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集