VW グループ、世界販売台数が初の600万台超

自動車 ビジネス 企業動向

VW グループ、世界販売台数が初の600万台超
  • VW グループ、世界販売台数が初の600万台超
フォルクスワーゲン(VW)グループは、2007年に初めて世界販売台数が600万台を超えたと発表した。

2007年のグループ全体の販売台数は、前年比7.9%増の618万9000台だった。VW社のヴィンターコルン会長は「600万台を達成したことはフォルクスワーゲンにとって画期的な出来事で、今年は魅力的な製品、競争力のある価格、そして一層充実したラインアップにより、この記録をさらに更新できると確信している」とコメント。

VWグループは、ブラジルと中国がそれぞれ58万1300台(同32.0%増)、91万500台(同28.0%増)と販売が急増した。また、中・東欧での販売台数は49万6400台、同20.9%増と好調だった。付加価値税引き上げなどの影響で厳しい市場環境が続いているドイツは106万台、同4.8%減となった。

グループ傘下の8つのブランドは、全て2007年に世界販売台数の増加を達成した。VWブランドは366万台の世界販売台数で同7.8%増を記録した。大幅に増加したのはブラジル、中・東欧、シェアトップの中国で伸びたため。

アウディは96万4200台、同6.5%増で、販売台数を12年連続増加した。チェコのシュコダは63万台、同14.6%増と新記録を樹立した。スペインのセアトは43万1000台、同0.4%増と微増で、ベントレーは同6.7%増の1万14台で、初めて1万台を超えた。ランボルギーニも、2400台、同14.8%増となった。ブガッティは前年販売台数の2倍弱にあたる81台を販売した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集