カーブを曲がりきれずに側壁へ激突、車外放出の男性即死

自動車 社会 社会

12日未明、大阪府大阪市浪速区内の阪神高速道路・松原線上りを走行中の乗用車が道路右側の側壁に激突する事故が起きた。運転していた25歳の男性は車外に投げ出されたことが原因で即死している。

大阪府警・高速隊によると、事故が起きたのは12日の午前1時30分ごろ。大阪市浪速区日本橋東3丁目付近の阪神高速・松原線上りを走行していた乗用車が左カーブを曲がりきることができず、道路右側の側壁に激突した。

クルマは大破。運転していた25歳の男性は車外に放出されて全身を強打。後に即死したことが確認されている。

現場は片側2車線。当時は雨が降っており、路面は滑りやすい状況だった。警察では速度超過で進行していた可能性もあるとして、事故当時の状況について調べを進めている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集