イエローハット、中国本土で14店舗目をオープン 上海

自動車 ビジネス 企業動向

イエローハットは、中国本土で14店舗目となる「安吉イエローハット上海成山路店」を12日にオープンすると発表した。

同社と伊藤忠商事との合弁会社中国イエローハットホールディングは、上海汽車工業販売有限公司と合弁で上海に設立した上海安吉イエローハットカー用品有限公司が直営及び契約方式での店舗展開をこれまで上海市、北京市、大連市、済南市、鄭州市で行なってきた。

新店舗は、上海安吉イエローハットカー用品有限公司の上海市での3番目の直営店となる。この出店より、中国本土におけるイエローハットの店舗数は14店舗、海外店舗の総数は18店舗となる。

新店舗の建物面積は2200平方メートルで、ピット台数は12台。従業員数は35人で、初年度の売上目標は600万元。

店舗の所在地は、上海市の東側にある浦東新区中心部南側の今後発展が見込める住宅地域で、周辺は高級マンションが立ち並び、高級別荘も多い地域で、浦東新区中心部と住宅地域を結ぶ片側2車線の主要道路に面したロケーションだ。

店舗のコンセプトはワンストップショッピングを基本としており、洗車、軽鈑金、修理、カービューティー、フィルム施工、タイヤ交換、オイル交換、オーディオ取付など、幅広いサービスを提供する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集