大型トラック2台が衝突 乳牛9頭死亡

自動車 社会 社会

23日未明、滋賀県栗東市内の名神高速道路下り線を走行中の大型トラックが、前走する別の大型トラックに追突する事故が起きた。2台は道路左側のガードレールを突き破って路外に逸脱。被追突側のトラックに積載されていた乳牛が多数死亡した。

滋賀県警・高速隊によると、事故が起きたのは23日の午前2時15分ごろ。栗東市六地蔵付近の名神高速道路下り線を走行していた42歳男性の運転する大型トラックが、前走する52歳男性の運転する別の大型トラックに追突した。

2台のトラックはそのまま道路左側のガードレールを突き破って路外に転落。荷台が大破し、非追突側のトラックに積載されていた乳牛と、追突側のトラックに積載されていた野菜が周囲に散乱した。乳牛は13頭が積載されていたが、このうち9頭がトラックの下敷きとなって死亡している。双方の運転手は打撲などの軽傷を負った。

警察では追突してきたトラックを運転していた男性の前方不注意が事故の原因とみて、自動車運転過失傷害の容疑で事情を聞いている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集