突然バックして衝突、泥酔状態

自動車 社会 社会

2日夕方、群馬県前橋市内の市道で、路上に停車していた乗用車が突然バック。後ろから走ってきた別の乗用車に衝突した。クルマはそのまま現場から逃走したが、被害者が追跡。警察は66歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕している。

群馬県警・前橋東署によると、事故が起きたのは2日の午後4時5分ごろ。前橋市堀之下町付近の市道を40歳の男性が運転する乗用車が走行していたところ、路肩に路上駐車していたクルマが突然バックで動き出し、男性のクルマと衝突した。

双方のクルマは小破したが、バックしてきたクルマはそのまま現場から逃走。被害者の男性はそのままこれを追跡し、最終的には66歳の男の身柄を取り押さえ、通報を受けて駆けつけた同署員に引き渡した。

男から呼気1リットルあたり0.75ミリグラムという高濃度のアルコール分を検出したことから、警察では道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕。業務上過失傷害容疑でも調べを進めている。調べに対して男は「気が動転した」などと話しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集