新日鉱ホールディングス、通期見通しを修正 原油価格高止まりなどで

自動車 ビジネス 企業動向
新日鉱ホールディングスは、2007年3月期の連結決算業績見通しを修正すると発表した。

売上高は前回予想の3兆7900億円から3兆8000億円に上方修正する。金属価格の上昇が主因だ。

収益面でも期末の原油価格の高止まりに伴って低価法採用を前提に想定していた在庫低価損の大幅な減少で、1850億円から2150億円に上方修正した。

しかし、当期純利益は経常利益の増加はあるものの、特別損失及び税金費用の増加などでえ、1100億円を予想していたのを1030億円に下方修正した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 踏切での一時停止違反から金属盗難も発覚 画像 踏切での一時停止違反から金属盗難も発覚
  • 日本軽金属、石山副社長が社長に昇格 画像 日本軽金属、石山副社長が社長に昇格
  • 住軽金が軽量化でトヨタ自動車から特別賞 画像 住軽金が軽量化でトヨタ自動車から特別賞
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース