07年の世界鉄鋼需給、中国を牽引役に拡大が続く

自動車 ビジネス 企業動向

日本鉄鋼連盟は23日、2007年の世界鉄鋼需給見通しを発表した。それによると、鉄鋼需要は、アンケート調査対象の23カ国・1地域でみると、前年比8.5%、8880万トン増の11億3800万トンで、06年に比べ伸びがわずかに鈍化するものの拡大ペースは衰えない。

国別に見ると、最大の増加国は引き続き中国で、需要量は5億2100万トン、見掛消費ベースで同17.9%、7900万トン増と前年を大きく上回る伸びを示す見込み。また、インドも同9.1%、380万トン増の4570万トンとなるほか、韓国(5080万トン)、ASEAN(4340万トン)、ロシア(3560万トン)、ブラジル(2060万トン)も150〜300万トンの増加となる見通しである。

一方、EUやカナダはそれぞれ1億6960万トン、1750万トンで微減となり、米国も1億1970万トンで06年末からの在庫調整が年初まで続くと見られ、4%強の減少を見込んでいる。

また、粗鋼生産については、前年実績見込み比7.4%、7890万トン増の11億4160万トンと、引き続き増産となる見通し。国別に見ると、中国は鉄鋼産業政策が強化され、立ち遅れた能力の淘汰が進むと見られるが、旺盛な需要により生産は4億9200万トンと前年比17.1%増の高い伸びを維持すると予想される。また、ブラジルでも新高炉の稼働等を受けて大幅な増産が見込まれ、16.4%増の3610万トンの見通し。

このように、2007年の世界鉄鋼需給見通しは06年より伸びは鈍化するが、中国を牽引役に拡大基調が続く。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

特集