ヨロズ中間期、為替差益で収益見通しを上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

ヨロズは、2006年9月中間期の連結決算の業績見通しで、為替差益が膨れて収益見通しを上方修正した。

売上高は563億円から558億7000万円に下方修正した。日産自動車の減算が予想以上だったため。しかし、為替が円安だったため、為替差益が増えたことや北米の収益改善活動が成果をあげてきたため、経常利益は11億5000万円から24億円に上方修正した。当期純利益も7億7000万円から17億9000万円に上方修正した。

通期の業績予想については中間決算発表時に見直す予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集