8月新車販売、14カ月連続のマイナス

自動車 ビジネス 企業動向
日本自動車販売協会連合会が発表した8月の新車販売台数(軽除く)は、前年同月比5.9%減の23万2225台となり、14カ月連続でマイナスとなった。8月の軽自動車販売は好調で、依然として軽自動車シフトが続いている。

乗用車は同7.2%減の18万8934台と大幅に落ち込んだ。このうち、普通車は同0.5%減の7万3185台で、小型車が同10.9%減の11万5749台と大幅に落ち込んだ。

トラックは同0.3%増の4万1853台と微増だった。普通トラックは同3.1%減の1万6703台と不振だったものの、小型トラックが同2.8%増の2万5150台と順調だった。

バスは同0.3%増の4万1853台だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 販売目標達成率ランキング7月…台数伸びた レガシィ が首位 画像 販売目標達成率ランキング7月…台数伸びた レガシィ が首位
  • トヨタ、米国新車の価格を引き上げ…ビッグスリーに配慮? 画像 トヨタ、米国新車の価格を引き上げ…ビッグスリーに配慮?
  • 新車販売3団体7月…上位陣ほぼ総崩れでマイナスに 画像 新車販売3団体7月…上位陣ほぼ総崩れでマイナスに
  • 7月新車販売…32 年ぶり低水準 画像 7月新車販売…32 年ぶり低水準

特集