ヨロズ、通期の業績予想を上方修正…日産の減産の影響なし

自動車 ビジネス 企業動向

サスペンションなどの足回りの部品メーカー、ヨロズは、2007年3月期連結決算の業績見通しを上方修正した。

売上高についは当初計画を16億円上回る見通しで、1055億円を予想している。

収益については、円安による為替差益やグループをあげた原価低減活動による効果で、当初見通しを上回る見込み。経常利益は24億1000万円としていたが、32億2000万円に、当期純利益は15億2000万円を予想していたが、21億1000万円になる見通し。

同社は旧日産系の部品メーカーだが、日産系部品メーカーが日産の減産によって業績が悪化している中で、ヨロズは、日産以外の取引先の拡大で、業績が順調に推移している模様だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集