ホンダ、航空機の開発 生産 販売を行う子会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ、航空機の開発 生産 販売を行う子会社を設立
  • ホンダ、航空機の開発 生産 販売を行う子会社を設立
  • ホンダ、航空機の開発 生産 販売を行う子会社を設立
ホンダは、航空機の機体の開発、製造、販売を行う全額出資子会社「ホンダ・エアクラフト・カンパニー」を米国に設立すると発表した。

新会社は、これまでホンダが自社開発するホンダジェットの試験飛行の拠点となってきた、米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市のピードモントトライアッド国際空港の敷地内に設立する。社長にはホンダジェットの開発責任者である藤野道格氏が就任する予定。10月からの本格稼動に向けて今後準備を進め、秋頃からホンダジェットの受注を開始する。

同社では、ホンダジェットの2010年頃の量産販売開始を目指しており、今後新会社がホンダジェット量産型機体の開発、認定取得、生産準備のほか、提携先であるパイパー・エアクラフト社との協力体制のもと、販売とサービスのネットワークを構築する。

これにより、2004年に設立した航空エンジン事業の全額出資子会社であるホンダエアロ・インクと、同社とGEとの折半出資会社であるGEホンダ・エアロ・エンジンズに続き、ホンダの航空事業への参入はエンジン事業と機体事業の両面で実現することになる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集