日産ディーゼル、第II種優先株式を消却

自動車 ビジネス 企業動向

日産ディーゼル工業は、取得した第II種優先株式を消却したと発表した。

同社は、250億円の資本準備金減少の効力が発生し、第II種優先株式売買契約の効力停止の条件が整ったことから、みずほコーポレート銀行、りそな銀行、みずほ信託銀行から1日に第II種優先株式を合計3749万8000株取得し、同日消却した。

取得価格は1株当たり789円で、総額295億8500万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集