クラリオン、中国の市販用カーナビ市場に参入

自動車 ビジネス 企業動向

クラリオン、中国の市販用カーナビ市場に参入
  • クラリオン、中国の市販用カーナビ市場に参入
クラリオンは、中国の市販カーナビ市場に参入すると発表した。市場参入の第一弾としてAV一体型DVDナビ『MAX666VD』を1万9500元で6月から発売開始する。

同社が中国の市販市場でカーナビを販売するのは初めて。販売は同社の現地法人のDCOEが中国全土のカー用品販売を通じて行なう。

今回発売するカーナビは、多彩なメディア対応に加え、特にAV機能の面で高音質、ナビの使いやすさを追及したモデル。大容量地図ディスクには、中国の政府直轄の4都市と16省の地図データを1枚に収録した。

同社では、自動車需要が急成長している中国市場で従来のカーオーディオ製品と合わせて車載製品のラインナップを充実することで、シェア拡大を目指すとともに、新グローバルブランド『Clarion』の浸透を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集