栃木富士通テン、品質マネジメント国際規格の認証を取得

自動車 ビジネス 企業動向

富士通テンは、生産子会社の栃木富士通テンが自動車産業の品質マネジメントシステムの国際規格である「ISO/TS16949:2002」の認証を取得したと発表した。
 
ISO/TS16949は、欧米の主要自動車メーカーの品質マネジメントシステム(QS-9000やISO9000シリーズなど)要求規格を統合したISO技術仕様書で、自動車業界に特化した規格の世界標準であり、最近では世界の多くの自動車メーカーからサプライヤに対し認証の取得が求められている。

同社は、世界を視野に入れた事業を展開しており、国内外の全ての生産拠点における2006年度中のISO/TS16949認証取得を目指し活動している。  今回の栃木富士通テンのISO/TS16949認証取得は、天津富士通テン、富士通テン、富士通テンフィリピン、富士通テンアメリカに続くもの。
 
同社では、今後もグループで「お客様第一」「品質至上」の品質方針のもと、世界レベルの品質マネジメントシステムの維持・向上に努め、より一層の「お客様満足向上」を目指すとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集