ルノーがカンヌ映画祭の公式パートナーに

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ルノーは17日から28日まで南仏で開催される第59回カンヌ映画祭の公式パートナーを務める。100台の『ベルサティス』3.5リットルV6仕様がパルムドールのエンブレムを車体に描き、同じく旗を装備してクロワゼットを走る。

2005年の1年間でルノーが映画に登場したのは、ルノーによれば長編36作品。最新作では『La Doublure』、『Selon Charlie』、『Quand j'etais chanteur』など。後2者は今年のカンヌに出品されている。

ルノーのカルロス・ゴーンCEOは27日にカンヌを訪れる予定だ。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集