キャリーバッグが挟まれ、バスに引きずられる

自動車 社会 社会

24日、群馬県高崎市内の国道で、路線バスが乗客の降車中にドアを閉めて発進。女性が持っていたキャリーバッグがドアに挟まれ、走り出したバスに引きずられて重傷を負う事故が起きた。警察では運転手から業務上過失傷害容疑で事情を聞いている。

群馬県警・高崎署によると、事故が起きたのは24日の午後8時30分ごろ。高崎市台新田町付近の国道354号線で、群馬中央バスが運行する高崎市内循環の路線バスから74歳の女性が降車しようとしたところ、58歳の男性運転手がこれに気づかずにドアを閉め、そのままバスを発進させた。

女性の持っていた車輪付きのキャリーバッグの一部がドアに挟まれたままとなったが、直後にバスが走り出したため、女性はこれを手放せずにそのまま転倒。バスの左後輪に腕を踏まれ、左腕の骨を折る重傷を負った。

警察ではバスの運転手から事故当時の状況について事情を聞いているが、これに対して運転手は「女性はすでに降車を終えたものと思っていた」と証言。所定のダイヤよりも遅れていたため、急いでいたことについても大筋で認めているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集