中古車登録、6期連続でマイナス…04年上半期

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車販売協会連合会が発表した2005年上半期(1−6月)の中古車登録台数は、前年同期比1.5%減の271万1804台となり、上期としては6期連続でマイナスとなった。

中古車市場は、新車販売需要の低迷が続いていた影響で、下取り車で良質なタマが不足しており、中古車販売の低迷に結び付いている。

車種別では、乗用車が同1.8%減の232万4976台だった。このうち、普通乗用車が同0.8%増の103万1024台と微増だったものの、小型乗用車が同3.9%減の129万3952台と落ち込んだ。

トラックは同0.1%増の30万6794台で、ほぼ横ばい。うち、普通トラックが同1.8%増の11万9286台、小型トラックが同1.0%減の18万7508台だった。

バスは同11.4%増の9446台と好調だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集