駐車違反をした男、警官に暴行して逮捕

自動車 社会 社会

4日夕方、神奈川県大和市内の市道で、駐車違反の取り締まりを行っていた警察官をクルマではね、さらには追跡してきたこの警官から拳銃を奪おうと暴行したとして、スリランカ国籍を持つ37歳の男を公務執行妨害の現行犯で逮捕した。

神奈川県警・大和署によると、事件が起きたのは4日の午後5時30分ごろ。

大和市中央2丁目の市道で同署の地域課に所属する27歳の巡査が小田急/相鉄の大和駅近くに止められた違法駐車の取り締まりを行っていたところ、このうち1台に外国人の男が乗り込み、その場から立ち去ろうとした。

巡査はこれを制止して違反の処理を行おうとしたが、男はこれを無視して発進。前方で進路を塞いでいた巡査に接触して逃走した。

クルマは約50m走ったところで赤信号に行く手を阻まれ、巡査は停止していたクルマに走って追いついたが、これに男は逆上。車外に出て巡査の顔面を数回殴打。腰に装着していた拳銃を奪おうとした。

男は応援に駆けつけた別の警官らに取り押さえられ、公務執行妨害の現行犯で逮捕されている。

後の調べで、この男はスリランカ国籍を持つ37歳と判明。巡査は男の暴行によって軽傷を負っているため、警察では強盗未遂と傷害容疑でも取り調べを進める方針だ。

取り調べに対し、男は「やっていない」と容疑を全面的に否認しているという。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集