段差を乗り越えようとペダル踏み間違え、店内に突っ込む

自動車 社会 社会

6月30日、岐阜県岐阜市内のスーパーマーケットで、駐車場に進入しようとしていた乗用車が暴走し、店頭に突っ込む事故が起きた。この事故で店の中にいた客2人が打撲などの軽傷を負っている。

岐阜県警・岐阜北署によると、事故が起きたのは6月30日の午後1時45分ごろ。

岐阜市北島付近にあるスーパーマーケットで、駐車場に進入しようとしていた80歳男性の運転する乗用車が暴走。駐輪中の自転車や買い物用のカートを押し倒しながら突進し、店頭のガラス2枚を破壊。店内に前部を侵入させたところでようやく停止した。

クルマが突入した場所の近くには2人の買い物客がいたが、衝突によって押し出された作業台にぶつかるなどして足に打撲を負っている。

警察ではクルマを運転していた男性から業務上過失傷害と建造物損壊容疑で事情を聞いているが、男性は調べに対して「段差を乗り越えようとした際にアクセルとブレーキを踏み間違えた」などと話しているという。

クルマは相当な速度で突入したとみられているが、手前にあった自転車や買い物用カートなどにぶつかったことで速度や衝撃が緩和。被害が抑えられたものみている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集