原付バイクの高齢者、運転ミスで川に転落

自動車 社会 社会

6月29日、長野県長野市内で、原付バイクを運転していた74歳の女性が前を歩く歩行者を追い越そうとした際に操作を誤り、路外に逸脱、川に転落する事故が起きた。

女性は間もなく救出されたが、収容先の病院で死亡が確認されている。

長野県警・長野南署によると、事故が起きたのは6月29日の午後6時30分ごろ。長野市篠ノ井塩崎付近の市道で、原付バイクを運転していた高齢者の女性が前方を歩く歩行者を追い越そうとした際、バランスを崩して路外に逸脱した。

女性はそのまま近くを流れる川に転落。目撃者が警察や消防に通報し、駆けつけた消防隊員が救助に当たったが、女性は救出時にはすでに意識が無く、近くの病院に収容されたものの、間もなく死亡が確認された。

転落したバイクのナンバーから、死亡したのは近くに住む74歳の女性であることが判明している。

警察では事故の目撃者から詳しい事情を聞き、どのような経緯で発生したのかを調べる方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集