東洋ゴム、米国に単独進出

自動車 ビジネス 企業動向
東洋ゴム工業は、米国で計画していた自動車用タイヤの生産拠点をジョージア州アトランタ郊外にすることを決めたと発表した。

同社では、乗用車とライトトラック用のタイヤを米国で現地生産する方針で、進出先を検討していた。月内に米国生産工場のトーヨータイヤ・ノースアメリカを設立し、2005年度末からタイヤの生産を開始する。投資額は1億5000万ドル。

新会社の資本金は5000万ドルで、東洋ゴムが全額出資する。工場の敷地面積は約60平方メートルで、当面は年産200万本のタイヤを生産する。

東洋ゴムが単独で、海外での現地生産を行うのは初めて。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 東洋ゴムも加わってタイヤ全社が値上げを発表 画像 東洋ゴムも加わってタイヤ全社が値上げを発表
  • プロゴルファー中嶋常幸が、ダンロップデジタイヤのCMに登場 画像 プロゴルファー中嶋常幸が、ダンロップデジタイヤのCMに登場
  • 横浜ゴム、ランフラットタイヤを国内初投入 画像 横浜ゴム、ランフラットタイヤを国内初投入
  • 横浜ゴム、乗用車向け空気圧モニターを開発 画像 横浜ゴム、乗用車向け空気圧モニターを開発
  • ホンダ、アラバマ工場増産でトヨタに並ぶ 画像 ホンダ、アラバマ工場増産でトヨタに並ぶ

特集