PSAの2003年は、上半期のユーロ高が響き11.4%減益

自動車 ビジネス 企業動向
PSAの2003年は、上半期のユーロ高が響き11.4%減益
  • PSAの2003年は、上半期のユーロ高が響き11.4%減益
  • PSAの2003年は、上半期のユーロ高が響き11.4%減益
  • PSAの2003年は、上半期のユーロ高が響き11.4%減益
PSAプジョーが発表した2003年12月期決算は、上半期のユーロ高が響き、純利益は前期比で11.4%減益の14億9700万ユーロ(2005億円)となった。

プジョーとシトロエンをあわせたPSAグループ全体の販売台数は、同0.6%増の328万6100台で、全体の売上高は同0.4%増の542億3800万ユーロ(7兆2679億円)となった。

営業利益は24.6%減の21億9500万ユーロ(2941億円)となったが、これは、自動車部門の営業利益が同41%も減少したため。ただ、金融部門や部品販売、運送部門が伸びて、この落ち込みを補うかたちとなった。

2004年の前半は、2003年後半と同様に低調な状態が続くが、『407』など新モデルの発売により、後半からは回復に向かうとの見通しを示している。
《》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース