ニキ・ラウダの息子がF3入り「キャリアに邪魔なのは……」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ジャガー・レーシング代表のニキ・ラウダの息子、マティアスが2002年スペインF3に参戦することが決定した。オーストリア出身のマティアス・ラウダだが、ここ6年は母親とともにスペインに住んでいるという。

「母は僕のキャリアを最もじゃましてくれる人物。76年に父に起こったようなアクシデントが僕にも起こるのでは……と恐れているんだ。その分、兄がエコノミストになったくれて母は喜んでるよ」。

マティアスは85年の父の引退レースをほとんど覚えていないそうで、目標はアイルトン・セナみたいなF1ドライバーになることだそう。
《編集部》

編集部おすすめのニュース