パナソニック ストラーダ DS100長期リポートに関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
パナソニック ストラーダ DS100長期リポート
【パナソニック・ストラーダ春夏製品】ストラーダの象徴、ひっそりと消える 画像
自動車 テクノロジー

【パナソニック・ストラーダ春夏製品】ストラーダの象徴、ひっそりと消える

今回発表された『CN-HS400D』と、6月に発売を予定しているストラーダのハイエンドモデルとなる『CN-HDS900』シリーズではタッチパネルインターフェイスが採用されているものの、前面ハードウェアキーについては数が減り、二つだけになった。

【ストラーダ DS100長期リポート その10】女子編集部員がDS100使いこなし体験〜後編 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ DS100長期リポート その10】女子編集部員がDS100使いこなし体験〜後編

『DS100』はクルマ間での使いこなしができるだけではなく、オプションのACアダプターと組み合わせることで室内に持ち込んで使うことができる。そこでゆいがチャレンジしたのは、ガイドブックに載っていないナマの情報を収集するということ。

【ストラーダ DS100長期リポート その9】女子編集部員がDS100使いこなし体験〜前編 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ DS100長期リポート その9】女子編集部員がDS100使いこなし体験〜前編

DS100は若い女性もターゲットユーザーとしているだけあって、簡単で使いやすいのが最大の特長だ。DS100がどんなに使いやすいか、そしてどこでも道案内してくれるキカイがいかに素晴らしいものか」教えなくてはいけない。

【ストラーダ DS100長期リポート その8】事前にわかって安心感は段違い「ETCレーン表示」 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ DS100長期リポート その8】事前にわかって安心感は段違い「ETCレーン表示」

『DS100』にはETC(ノンストップ自動料金収受システム)が利用できる高速道路や有料道路の料金所に関するデータが収められている。ポータブル型であるため、ETC車載機と直接連動する機能はないものの、あらかじめ「3Dハイウェイ入口案内を表示する」、「ETC拡大図を表示する」という設定にしておけば、料金所入口の風景イラストや、その後に続くETCレーンの表示を行ってくれる。

【ストラーダ DS100長期リポート その7】VICSビーコン追加で渋滞回避性能がさらに充実 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ DS100長期リポート その7】VICSビーコン追加で渋滞回避性能がさらに充実

『DS100』に対応した別売オプションラインナップの中で、自立航法ユニットとともに気になっていたのはVICSビーコンユニット。これをプラスすることで、DS100でもルート案内中に発生した渋滞を積極的に回避してくれる「スイテルート案内」(DRGS)が使えるようになる。

【ストラーダ DS100長期リポート その6】自立航法ユニット追加で高精度をゲット! 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ DS100長期リポート その6】自立航法ユニット追加で高精度をゲット!

『DS100』が編集部にやってきてから、早くも2カ月が過ぎようとしている。ポータブルナビを本格的に使った経験というのはこれまでに一度もなかったことから、使い始める前には「できることは限られているのでは?」とか、今からしてみればDS100の実力を軽視していたことは正直なところ否めない。

【ストラーダ DS100長期リポート その5】持ち運べて、しかもその場で使えて超便利! 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ DS100長期リポート その5】持ち運べて、しかもその場で使えて超便利!

カーナビには取り付けする環境やユーザーの目的に応じて、いくつか種類がある。一般的に「カーナビ」と呼ばれるのは本体とモニター部が分かれたハイダウェイ型や、2DINインダッシュのAVN一体型。ストラーダ『DS100』はこのふたつとはとは異なり、ポータブル型と呼ばれるタイプだ。

【ストラーダ DS100長期リポート その4】必要な機能厳選!頼りになるインフォメーション 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ DS100長期リポート その4】必要な機能厳選!頼りになるインフォメーション

『DS100』はストラーダシリーズの中ではエントリーモデルに位置する。とはいえ、地図やデータベースを含めたソフトは上級モデルの『DS150』や『DS250』と同種で、ポータブル機であるために3Dジャイロ、そしてCD再生機能などハードの一部機能が簡略化されている。

【ストラーダ DS100長期リポート その3】道案内も映画も同時に楽しめる欲張りカーナビ 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ DS100長期リポート その3】道案内も映画も同時に楽しめる欲張りカーナビ

『DS100』は着脱自在なポータブル型のカーナビだが、カーナビ機能だけではなく、DVDプレーヤーとして使えてしまうのだ。地図・検索データ用ディスクとDVDビデオディスクを入れ替えれば、DS100はカーナビからDVDプレーヤーへと変身を遂げる。

【ストラーダ DS100長期リポート その2】直感でつかえる3つのボタン操作 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ DS100長期リポート その2】直感でつかえる3つのボタン操作

カーナビは初めて行く街に導いてくれる魔法の機械だ。自分が今どこにいるのかは一目瞭然。適切なタイミングで的確に曲がるポイントを教えてくれる。友人や彼氏にナビ役を頼んで人間関係を悪化させることも、楽しいドライブに水を挿すこともない。

【ストラーダ DS100長期リポート その1】カタチや色にこだわったポータブルナビ 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ DS100長期リポート その1】カタチや色にこだわったポータブルナビ

「カーナビというものは非常に便利なアイテムだ」ということが頭の片隅ではわかっていても、初めて購入する人にとってはハードルが高い。「買っても使いこなせないのでは…」、「自分のクルマには取り付けられないかも…」と悩んだり。女性にはその傾向が特に強いようにも思える。

【パナソニック・ストラーダ『DS100』緊急取材】タッチパネルとハードウェアキー 画像
自動車 テクノロジー

【パナソニック・ストラーダ『DS100』緊急取材】タッチパネルとハードウェアキー

“ストラーダ”シリーズ第一弾モデルの『DS150』と『DS250』に採用され、今回の『DS100』にも継承されたのが、前面に位置するハードウェアキーだ。タッチパネルとの組み合わせとして選択された。

【パナソニック・ストラーダ『DS100』緊急取材】色だけではない、質感にこだわる 画像
自動車 テクノロジー

【パナソニック・ストラーダ『DS100』緊急取材】色だけではない、質感にこだわる

松下から新発売されたポータブルタイプのカーナビ、パナソニック・ストラーダ『DS100』では、シルバー、ブラック、ブラウンという3色の質感にもこだわった多色展開がなされている。

【パナソニック・ストラーダ『DS100』緊急取材】ポータブル機の広いユーザーに多色展開 画像
自動車 テクノロジー

【パナソニック・ストラーダ『DS100』緊急取材】ポータブル機の広いユーザーに多色展開

カーナビ市場全体における「ポータブル機のシェア」というのは非常に高く、昨年は約115万台を販売したとされるカーナビのアフターマーケット市場のうち、なんと全体の25%をポータブル機が占めるという。

【パナソニック・ストラーダ『DS100』緊急取材】伝統の実装技術が他社との違い 画像
自動車 テクノロジー

【パナソニック・ストラーダ『DS100』緊急取材】伝統の実装技術が他社との違い

2月1日から発売となった『DS100』について、パナソニック・オートモーティブシステムズ社(PAS社)九州開発センター・第一開発チーム、平川隆幸・チームリーダーは「DS100は“ストラーダ”と呼ぶにふさわしいポータブル機に仕上げた」と語っている。

【パナソニック・ストラーダ『DS100』緊急取材】ポータブルナビも“ストラーダ”に 画像
自動車 テクノロジー

【パナソニック・ストラーダ『DS100』緊急取材】ポータブルナビも“ストラーダ”に

パナソニック・オートモーティブシステムズ社(PAS社)は、同社製カーナビゲーションの統一ネーミング『Strada』(ストラーダ)の第二弾として、ポータブル機の『DS100』を2月1日から発売する。

パナソニック・ストラーダ第二弾!!……ポータブルDVDカーナビ『DS100』 画像
自動車 テクノロジー

パナソニック・ストラーダ第二弾!!……ポータブルDVDカーナビ『DS100』

松下電器産業のパナソニックオートモーティブシステムズ社(PAS社)は、カーナビゲーションのストラーダの第2弾として7V型ワイドテレビ付DVDプレーヤー内蔵ポータブルDVDカーナビ『DS100』3タイプ2月1日から発売する。価格は15万8000円。

    Page 1 of 1