情報通信研究機構(NICT)に関するニュースまとめ一覧

NICTとトヨタ、自動車法規の自動翻訳を開発 画像
自動車 ビジネス

NICTとトヨタ、自動車法規の自動翻訳を開発

情報通信研究機構(NICT)は4月23日、トヨタ自動車と自動車法規を対象としたニューラル英日・中日自動翻訳を共同研究し、実用性を確認したと発表した。これによって自動車業界全体でのニューラル自動翻訳の活用が期待できるとしている。

電子カーブミラーで道路環境データ収集、5Gで通信 NICTが構築 画像
自動車 テクノロジー

電子カーブミラーで道路環境データ収集、5Gで通信 NICTが構築

情報通信研究機構(NICT)は、ワイヤレスネットワーク総合研究センターがセンサ内蔵電子カーブミラーの情報をワイヤレスでデータ収集、道路環境を把握できることを確認した。

500km/hの高速鉄道への無線信号送信に成功 画像
鉄道

500km/hの高速鉄道への無線信号送信に成功

情報通信研究機構(NICT)は、NICTネットワークシステム研究所が500km/hの高速鉄道移動中、通信を途切れさせないよう無線局を適時切り替える方式を開発し、現在の携帯電話回線の約20倍以上となる毎秒20ギガビットの無線信号の送信に成功した。

情報通信研究機構(NICT)、うるう秒の挿入を約1年半ぶりに実施 画像
宇宙

情報通信研究機構(NICT)、うるう秒の挿入を約1年半ぶりに実施

日本標準時の維持・通報を行っている国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)は1日、「うるう秒」の挿入を実施した。日本標準時では午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「午前8時59分60秒」を入れることで「原子時」と「天文時」の調整を行っている。

ドローンを活用、ロボットを遠隔制御…NICTなど技術開発 画像
航空

ドローンを活用、ロボットを遠隔制御…NICTなど技術開発

情報通信研究機構(NICT)などは、ドローンを活用して電波が直接届かない環境でもロボットを安定制御する技術を開発したと発表した。

NICTとプロドローン、ドローンを使って図書を配送する実証実験に成功 画像
航空

NICTとプロドローン、ドローンを使って図書を配送する実証実験に成功

情報通信研究機構(NICT)は、プロドローンと共同で、小型無人飛行機ドローンを使って学校図書室の本を別の学校へ配送する図書配送システムの実証実験に成功した。

NICTなど、ドローンを安全に飛行させる通信技術を開発 画像
航空

NICTなど、ドローンを安全に飛行させる通信技術を開発

情報通信研究機構(NICT)は、プロドローン、サンエストレーディングと、ドローンの飛行制御通信の安全性を強化する技術を開発したと発表した。

7月1日に「うるう秒」を実施…NICTが“8時59分60秒”を挿入 画像
宇宙

7月1日に「うるう秒」を実施…NICTが“8時59分60秒”を挿入

日本の標準時の維持・通報を実施している情報通信研究機構(NICT)は、7月1日に「うるう秒」を挿入すると発表した。

NICT、大阪駅周辺の防犯カメラ顔識別実験を再開 画像
鉄道

NICT、大阪駅周辺の防犯カメラ顔識別実験を再開

2014年11月7日、独立行政法人情報通信研究機構は、JR大阪駅一帯に設置された防犯・監視カメラによる顔識別の実証実験を再開すると発表した。

NICT、ミャンマー語自動音声翻訳システム実用化を目指す…2020年東京五輪を目処 画像
自動車 テクノロジー

NICT、ミャンマー語自動音声翻訳システム実用化を目指す…2020年東京五輪を目処

港区芝・増上寺で行われる「ミャンマー祭り」でデモンストレーション独立行政法人 情報通信研究機構(NICT: National Institute of Information and Communicat…

JAXA 光学地球観測衛星と光通信衛星をコラボ運用…2019年打ち上げを目指す 画像
宇宙

JAXA 光学地球観測衛星と光通信衛星をコラボ運用…2019年打ち上げを目指す

2014年9月16日に文部科学省で開催された第17回宇宙開発利用部会において、JAXAは高解像度地球観測衛星と、静止軌道上で地球観測衛星光通信し、地上にデータを中継する衛星を連携させる構想を紹介した。共に平成31年度打ち上げを目指す。

通信速度200GB/秒の光通信衛星網、2017年打ち上げへ 画像
宇宙

通信速度200GB/秒の光通信衛星網、2017年打ち上げへ

2014年9月10日、光学衛星大手のボール・エアロスペース社は、2017年から打ち上げを目指す光通信衛星網開発の主契約者として、レーザーライト・コミュニケーションズ社と契約したと発表した。

NICT、音声翻訳アプリ「VoiceTra4U」Android版公開…無料Wi-Fiとも連携 画像
自動車 テクノロジー

NICT、音声翻訳アプリ「VoiceTra4U」Android版公開…無料Wi-Fiとも連携

9月1日、NICT 情報通信研究機構は、27言語(方言を含めて30言語)対応の多言語音声翻訳アプリVoiceTra4U Android版を公開した。同アプリは日本全国の無料Wi-Fアクセスポイントに接続できるツールと連携している。

NICT、新しい高精度マイクロ波原子時計の開発に成功 画像
宇宙

NICT、新しい高精度マイクロ波原子時計の開発に成功

NICT 情報通信研究機構は8月20日、現在普及しているルビジウム原子時計の精度を約5倍上回る「イオントラップ型マイクロ波原子時計」の開発・試作に成功したと発表した。

NICT 鹿島宇宙技術センター50周年記念講演…「はやぶさ2」吉川真准教授が登壇 画像
宇宙

NICT 鹿島宇宙技術センター50周年記念講演…「はやぶさ2」吉川真准教授が登壇

NICT 情報通信研究機構は8月31日、茨城県鹿嶋市の鹿島宇宙技術センターにて設立50周年記念講演会を開催する。講演者は北海道大学 日置幸介教授、JAXA 宇宙航空研究開発機構の吉川真准教授。

東京五輪100万人の観光客向けナビゲーション、準天頂衛星を活用 画像
宇宙

東京五輪100万人の観光客向けナビゲーション、準天頂衛星を活用

国土交通省は、2020年に開催される東京オリンピックまでに、100万人とも想定される外国人観光客のナビゲーション需要に向け、準天頂衛星や地上のセンサーによる位置情報、多言語対応技術を統合した測位精度30センチメートルのデバイスの準備を進める。

超小型衛星ソクラテス IKAROS搭載の同型カメラ映像で光通信実験へ 画像
宇宙

超小型衛星ソクラテス IKAROS搭載の同型カメラ映像で光通信実験へ

2014年6月25日、情報通信研究機構 NICTは、同機構が開発し5月24日打ち上げのJAXA「だいち2号」の相乗り小型副衛星として打ち上げられた超小型衛星『SOCRATES(ソクラテス)』で行われる宇宙光通信実験の状況について説明した。

超高速インターネット衛星「きずな」世界最高速3.2Gbpsの衛星伝送に成功 画像
宇宙

超高速インターネット衛星「きずな」世界最高速3.2Gbpsの衛星伝送に成功

2014年5月12日、情報通信研究機構(NICT)は、超高速インターネット衛星『きずな(WINDS)』と同機構が開発した2.4メートルアンテナ搭載大型車載地球局を組み合わせ、世界最高速3.2Gbpsの広帯域伝送を実現したと発表した。

情報通信研究機構 ドイツ航空宇宙センターと研究協力 衛星光通信などを研究 画像
宇宙

情報通信研究機構 ドイツ航空宇宙センターと研究協力 衛星光通信などを研究

2014年4月17日、情報通信研究機構(NICT)は、ドイツ航空宇宙センター(DLR)と情報通信技術での研究協力協定を締結したと発表した。人工衛星と地上、また人工衛星どうしを結ぶ光通信の実験などで協力する。

H-IIAロケット23号機 GPM主衛星 種子島宇宙センターから打ち上げ成功 画像
宇宙

H-IIAロケット23号機 GPM主衛星 種子島宇宙センターから打ち上げ成功

2014年2月28日午前3時37分、H-IIAロケット23号機により、NASA・JAXA共同開発の全球降水観測計画『GPM主衛星(GPM/DPR)』を種子島宇宙センターから打ち上げた。打ち上げから15分57秒後、衛星はロケットから正常に分離され、打ち上げは成功した。

NICT さっぽろ雪まつりの8K非圧縮映像の伝送に成功 将来はクラウド環境での映像編集に 画像
自動車 テクノロジー

NICT さっぽろ雪まつりの8K非圧縮映像の伝送に成功 将来はクラウド環境での映像編集に

2014年2月5日、NICT 情報通信研究機構は、100Gbpsネットワーク環境上で、ウルトラHDまたはスーパーハイビジョンとも呼ばれる3300万画素、8K非圧縮映像の超高速伝送実験を行い、成功した。

NICT、日立国際電気 テレビ放送帯のホワイトスペースを用いた長距離ブロードバンド通信に成功 画像
自動車 テクノロジー

NICT、日立国際電気 テレビ放送帯のホワイトスペースを用いた長距離ブロードバンド通信に成功

2014年1月23日、NICT独立行政法人 情報通信研究機構と株式会社日立国際電気は、ホワイトスペースと呼ばれるテレビ放送用電波の空き帯域を使い、岩手県遠野市で長距離無線ブロードバンド接続実験に成功したと発表した。

JAXA 世界の雨を観測する『GPM/DPR』衛星の詳細を発表 2月種子島で打ち上げ 画像
宇宙

JAXA 世界の雨を観測する『GPM/DPR』衛星の詳細を発表 2月種子島で打ち上げ

2014年1月14日、JAXA 宇宙航空研究開発機構は、2月28日にH-IIAロケット23号機で鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げを予定している全球降水観測計画GPM主衛星『GPM/DPR』の詳細について発表した。

世界の降雨量を観測する『GPM』主衛星 2月28日種子島から打ち上げ 画像
宇宙

世界の降雨量を観測する『GPM』主衛星 2月28日種子島から打ち上げ

JAXA 宇宙航空研究開発機構は、JAXA・NASA共同開発の全球降水観測計画『GPM』主衛星の打ち上げ予定日を2014年2月28日午前3時7分~午前5時7分と発表した。打ち上げはH-IIAロケット23号機で種子島宇宙センターから行われる。

国際宇宙ステーションから撮影したオーロラ映像…JAXA・コニカミノルタ『宇宙から見たオーロラ展2014』開催 画像
宇宙

国際宇宙ステーションから撮影したオーロラ映像…JAXA・コニカミノルタ『宇宙から見たオーロラ展2014』開催

JAXA 宇宙航空研究開発機構とコニカミノルタは、2014 年1月7日から2月2日まで東京・新宿のコニカミノルタプラザで特別企画「宇宙から見たオーロラ展2014」を開催すると発表した。

    1 2 > 次
Page 1 of 2