2012年12月のレスポンス試乗記ニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

2012年12月のレスポンス試乗記に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
日本自動車工業会(自工会)
【BMW X1 試乗】走破性と高速安定性を両立…松下宏 画像
試乗記

【BMW X1 試乗】走破性と高速安定性を両立…松下宏

BMWはSUVをSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)と呼ぶが、そのシリーズの中でエントリーモデルに位置するのが『X1』。日本では2010年4月にデビューし、2011年10月と2012年9月にマイナーチェンジを実施している。

【メルセデスベンツ SLS AMG 試乗】圧倒的な存在感と走りの奥深さ…島崎七生人 画像
試乗記

【メルセデスベンツ SLS AMG 試乗】圧倒的な存在感と走りの奥深さ…島崎七生人

AMG専用モデルとして開発された『SLS AMG』。先ごろ最高出力をさらに高めたSLS AMG GTを登場させ、バリエーションの拡充を図ったばかりだ。

【スズキ ワゴンR スティングレー 試乗】足回りの違いでしっかりした走りを実現…松下宏 画像
試乗記

【スズキ ワゴンR スティングレー 試乗】足回りの違いでしっかりした走りを実現…松下宏

『ワゴンR』のスポーティモデルとなるスティングレーには、標準車とは異なる仕様が用意されている。ターボ仕様のエンジンを搭載することや、足回りを中心にした仕様の違いが目につく。

【スバル フォレスター 試乗】今期ウインターシーズン最新最強の本格SUV…青山尚暉 画像
試乗記

【スバル フォレスター 試乗】今期ウインターシーズン最新最強の本格SUV…青山尚暉

先代よりさらにSUV色を強めた4代目『フォレスター』は、オンオフの走行性能が飛躍的に向上した。

【日産 ノート 試乗】まずまずの燃費性能と不十分な安全装備…松下宏 画像
試乗記

【日産 ノート 試乗】まずまずの燃費性能と不十分な安全装備…松下宏

『ノート』は日産が世界戦略車として開発を進めたでコンパクトカーで、国内では『ティーダ』を統合するとともに、好調な売れ行きを続ける『フィット』に対抗するモデルとして開発が進められた。

【ホンダ N-ONE 試乗】真打ちはツアラー性能極まるターボモデル…青山尚暉 画像
試乗記

【ホンダ N-ONE 試乗】真打ちはツアラー性能極まるターボモデル…青山尚暉

軽自動車にしてツアラー性能にこだわった『N-ONE』の真打ちは間違いなくターボモデルのツアラーだ。

【スズキ ワゴンR 試乗】軽量化と新技術で軽快な走りと低燃費を実現…松下宏 画像
試乗記

【スズキ ワゴンR 試乗】軽量化と新技術で軽快な走りと低燃費を実現…松下宏

軽自動車の定番商品『ワゴンR』は、これまでに比べてモデルチェンジのサイクルを繰り上げてきた。開発期間の短縮にもかかわらず、大幅な軽量化や新機構・新技術の採用で低燃費を実現するなど、意欲的なクルマに仕上げられている。

【ホンダ N-ONE 試乗】懐古主義を超えた志高いヘリテージカー…青山尚暉 画像
試乗記

【ホンダ N-ONE 試乗】懐古主義を超えた志高いヘリテージカー…青山尚暉

Nシリーズの第三弾として登場したのが、1967年にホンダ初の軽自動車として登場し、60年代東京のファッションリーダーだった銀座・みゆき族にも愛された『N360』の直系といえるヘリテージカー、『N-ONE』だ。

【スズキ ワゴンRスティングレーX 試乗】可能性感じるもうひとつの標準車…島崎七生人 画像
試乗記

【スズキ ワゴンRスティングレーX 試乗】可能性感じるもうひとつの標準車…島崎七生人

『ワゴンRスティングレー』というとターボのイメージが強い。が、ラインアップには標準車と同じNAモデルの設定もあるので、改めて試乗してみた。

【スバル フォレスター 試乗】オンロードでは大人の乗り心地、オフロードでは野生の走破性…諸星陽一 画像
試乗記

【スバル フォレスター 試乗】オンロードでは大人の乗り心地、オフロードでは野生の走破性…諸星陽一

水平対向エンジンと4WD(スバルではAWDと表現するが)をクルマ造りの基軸としているスバルだが、その4WD技術はオンロードやダート、スノーやアイスなどでの性能を訴求することが多く、クロスカントリー性能については多くが語られることはなかった。

【メルセデスベンツ SLK 55 AMG 試乗】洗練の2シーターオープン…島崎七生人 画像
試乗記

【メルセデスベンツ SLK 55 AMG 試乗】洗練の2シーターオープン…島崎七生人

今年登場した『SLK 55 AMG』はSLKクラスのトップモデル。その名のとおりAMG製の5.5リットルV8エンジンを搭載。NA(自然吸気)ながら422ps/55.1kg-mの高性能を叩き出す。

【メルセデスベンツ CLS 350 試乗】タイトだが心地いい空間…島崎七生人 画像
試乗記

【メルセデスベンツ CLS 350 試乗】タイトだが心地いい空間…島崎七生人

シューティングブレーク登場を機に、ベース車の4ドアクーペにも改めて試乗してみた。同車は2012年8月に小変更を受け、レーダーセーフティパッケージを全車に標準装備、後席のシートヒーター、分割可倒機能を追加している。

【メルセデスベンツ CLS シューティングブレーク 試乗】しなやかで軽快な走り…島崎七生人 画像
試乗記

【メルセデスベンツ CLS シューティングブレーク 試乗】しなやかで軽快な走り…島崎七生人

『CLSシューティングブレーク』には、4ドアのクーペには設定のない「4MATIC」(フルタイム4WD)が設定される。

【メルセデス・ベンツCLS 63 AMGシューティングブレーク試乗】シリーズを象徴する走りと存在感…島崎七生人 画像
試乗記

【メルセデス・ベンツCLS 63 AMGシューティングブレーク試乗】シリーズを象徴する走りと存在感…島崎七生人

順当に考えて、このクルマのラゲッジルームに引っ越し業者の段ボールがいくつ積めるか?などと思う人はいないだろう。

【VW ゴルフ ヴァリアント 試乗】走りも実用性も高いレベルの実力の持ち主…島崎七生人 画像
試乗記

【VW ゴルフ ヴァリアント 試乗】走りも実用性も高いレベルの実力の持ち主…島崎七生人

『ゴルフ・ヴァリアントTSIトレンドライン・ブルーモーションテクノロジー』と、いささか長い表記のこのモデルが、現行シリーズのベースモデルとなる。

【VW ザ・ビートル 試乗】プレーンで実用的な“裏ゴルフ”的存在!?…島崎七生人 画像
試乗記

【VW ザ・ビートル 試乗】プレーンで実用的な“裏ゴルフ”的存在!?…島崎七生人

当初“レザーパッケージ”のみだった『The Beetle』に、ファブリックシート仕様の導入が始まった。

【VW up! 試乗】素晴らしいコンパクトカーだが欠点もある…松下宏 画像
試乗記

【VW up! 試乗】素晴らしいコンパクトカーだが欠点もある…松下宏

『up!』はフォルクスワーゲンが気合いを入れて開発した新しいコンパクトカーで、いろいろな意味でとても良くできたクルマであると同時に、欠点もいろいろ合わせ持つ。良い意味でも悪い意味でも特徴的で印象的なクルマである。

【VW ティグアン BlueMotion Technology 試乗】好影響を生んだ身軽さ…島崎七生人 画像
試乗記

【VW ティグアン BlueMotion Technology 試乗】好影響を生んだ身軽さ…島崎七生人

コンパクトSUVの『ティグアン』に追加されたFFモデルの『ティグアン BlueMotion Technology』。

【VW クロストゥーラン 試乗】ルックスも乗り味もワイルドがキーワード…島崎七生人 画像
試乗記

【VW クロストゥーラン 試乗】ルックスも乗り味もワイルドがキーワード…島崎七生人

7人乗りの『ゴルフトゥーラン』の定評ある機能性はそのままに、“クロス系”の出で立ちで仕上げられたのが、この『クロストゥーラン』だ。

【日産 ラティオ 試乗】これで十分、納得の仕上がり…島崎七生人 画像
試乗記

【日産 ラティオ 試乗】これで十分、納得の仕上がり…島崎七生人

新しい『ラティオ』は150の国や地域で販売される世界戦略車、メーカー希望小売価格141万9600円〜169万8900円(助手席回転シート付きは155万4000円〜178万2900円)。そう念頭に置き試乗してみたが、即座に納得。これで十分と思わせられる仕上がりぶりだ。

【プジョー 208 Allure 試乗】3気筒を感じさせない快適性と爽快な走り…島崎七生人 画像
試乗記

【プジョー 208 Allure 試乗】3気筒を感じさせない快適性と爽快な走り…島崎七生人

プジョー製(PSA製)新開発1.2リットル3気筒エンジン。『プジョー208 Allure』に、5速MTとの組み合わせで搭載される。このグレードは目下のラインアップのベースモデルで、199万円の価格設定も注目だ。

    Page 1 of 1