震度5弱以上の場合、エリアごとに再開を判断…札幌市営地下鉄が地震発生時の取扱いを変更 1枚目の写真(全2枚)
《撮影 草町義和》駅に進入する札幌市営地下鉄南北線5000系。地震発生時の運行取扱い変更後は、「震度確認区」ごとに震度5弱以上を観測した際に徒歩による巡回点検を行ない、運行を再開するとしている。

編集部おすすめのニュース

  • 北海道胆振東部地震による徐行運転を解除…室蘭本線と日高本線が通常ダイヤに 8月6日 画像 北海道胆振東部地震による徐行運転を解除…室蘭本線と日高本線が通常ダイヤに 8月6日
  • 実施から再開まで情報提供のタイムラインを事前に作成…国交省が計画運休のあり方を最終とりまとめ 画像 実施から再開まで情報提供のタイムラインを事前に作成…国交省が計画運休のあり方を最終とりまとめ
  • 地震発生から1秒で警報…新幹線の警戒「空振り」を9割近くまで減少 画像 地震発生から1秒で警報…新幹線の警戒「空振り」を9割近くまで減少
  • 北海道大停電43時間、体験ドキュメント…電源確保&食料確保どうする?! 平成30年北海道胆振東部地震 画像 北海道大停電43時間、体験ドキュメント…電源確保&食料確保どうする?! 平成30年北海道胆振東部地震