【画像】しなの鉄道が新型車を導入へ…有料ライナー対応車が最初に登場 2020年から (2/2)| レスポンス(Response.jp)
導入される新車は軽量ステンレス鋼製。制御方式にVVVFインバータを採用し、自動制御式の冷暖房やドア開閉ボタン、車椅子対応洋式トイレ、空気バネ台車などを備える。座席の間隔は115系の430mmから540mmに拡大し、ライナー列車用の座席は、ライナー列車運用時はオールクロスシート、普通列車運用時は縦横に変換し、ロングシート状とする構造。一般用はクロスシートとロングシートが混在するセミクロス仕様となる。定員はライナー列車用が228人、一般用が270人。

しなの鉄道が新型車を導入へ…有料ライナー対応車が最初に登場 2020年から 2枚目の写真・画像

《出典 しなの鉄道》 導入される新車は軽量ステンレス鋼製。制御方式にVVVFインバータを採用し、自動制御式の冷暖房やドア開閉ボタン、車椅子対応洋式トイレ、空気バネ台車などを備える。座席の間隔は115系の430mmから540mmに拡大し、ライナー列車用の座席は、ライナー列車運用時はオールクロスシート、普通列車運用時は縦横に変換し、ロングシート状とする構造。一般用はクロスシートとロングシートが混在するセミクロス仕様となる。定員はライナー列車用が228人、一般用が270人。

編集部おすすめのニュース