【画像】突風観測レーダーを用いた運転規制、羽越本線で世界初 12月19日から (1/2)| レスポンス(Response.jp)
ドップラーレーダーを用いた運転規制の流れ。レーダーが積乱雲から発する「渦」(突風)を観測し、その情報を基に風の進路を予測。線路上に影響がある場合は、指令員から乗務員へ速やかに運転中止を伝達する。

突風観測レーダーを用いた運転規制、羽越本線で世界初 12月19日から 1枚目の写真・画像

《出典 東日本旅客鉄道》 ドップラーレーダーを用いた運転規制の流れ。レーダーが積乱雲から発する「渦」(突風)を観測し、その情報を基に風の進路を予測。線路上に影響がある場合は、指令員から乗務員へ速やかに運転中止を伝達する。

編集部おすすめのニュース