安全に取り組む貸切バス事業者を認定---比率57.5%

(イメージ)
  • (イメージ)
  • 過去5年間の全事業者数に占める認定事業者数の割合の推移
  • 過去5年間の全車両数に占める認定事業者車両数の割合の推移

国土交通省は9月27日、安全に取り組む優良な貸切バス事業者143者を認定した。日本バス協会が実施している「貸切バス事業者安全性評価認定制度」に基づいて安全確保への取組状況が優良な貸切バス事業者を新たに認定した。

貸切バス事業者安全性評価認定委員会が新たに143者を認定したもので。貸切バス全事業者の57.5%を占める2065者が認定事業者となった。このうち、3ツ星が761車で、前年比29%増、2ツ星が434者で同6.9%減、1ツ星が870者で同14.7%減だった。

《レスポンス編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

編集部おすすめのニュース

特集