【オートモビルカウンシル2022】開催決定、電動車紹介ゾーンを新設

オートモビルカウンシル実行委員会は、ヘリテージカーの展示会「オートモビルカウンシル2022」を2022年4月15日から17日の3日間、幕張メッセ(千葉市)で開催することを発表。出展申し込み受け付けを開始した。

オートモビルカウンシルは、2016年に「我が国に成熟した自動車文化を創成する」というコンセプトのもとに誕生し、今回で7回目。日本車メーカー、インポーター、サプライヤー、ヘリテージカー販売店などが集結し、往年の名車と最新モデルを一堂に披露する。

オートモビルカウンシル2022では、世界の自動車産業が変革期を迎える中、従来の展示エリアに加えて、BEV(電気自動車)やHEV(ハイブリッド)、PHEV(プラグインハイブリッド)、FCV(燃料電池車)なども紹介する「新世代自動車ゾーン」を設け、新たな時代の「自動車文化」にも視点を拡げる。また、アウトドア・SUVにも焦点をあて、ヘリテージカーとアウトドアの愉しみを紹介。このほか、日本車メーカー、インポーターのアプループドカー ゾーンを設けるなど、より多彩に自動車の魅力を紹介するイベントとなる。

なお、主催者展示は「究極のツーリングカー/DTMマシーンの魅力」を予定。BMW『M3』、メルセデスベンツ『190E 2.5 16 エヴォII』、アルファロメオ『155 V6 TI』など、ドイツツーリングカー選手権(DTMを戦ったワークスマシーンを紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》
【画像】【オートモビルカウンシル2022】開催決定、電動車紹介ゾーンを新設(5枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース