「バギーカート」常設コースが静岡にオープン、子どもたちも楽しめる世界一遅いラジコン

バギーカート
  • バギーカート
  • バギーカート
  • バギーカート
  • バギーカート
  • バギーカート
  • お茶のさすき園
  • お茶のさすき園
  • お茶のさすき園

9月19日、静岡県島田市にある「お茶のさすき園」に、柴田自動車(R31ハウス)が製造する世界一遅いラジコン「バギーカート」の常設コースがオープンした。

R31ハウスは1996年、7代目(R31型)スカイラインの専門店として開業。中古車販売、チューニング、レストアなどを手がけてきた。また、2010年には店舗内にキッズコーナーとしてラジコンサーキットを運営開始。競技用ラジコンシャーシの開発を手がけるなど、ラジコン事業にも力を注いでいる。

バギーカートは子どもたちがラジコンに興味を持ってくれるよう、同社が企画・製作した、世界一遅いラジコン。同社開発のベースになるGRKグローバルスタンダードシャーシをベースに、カート風ボディや悪路も走ることができるバギータイヤを装着。さらにドライバーシートには愛らしいぬいぐるみが座る。

このバギーカートの常設コースがオープンしたのは、お茶のテーマパーク「お茶のさすき園」。30種以上のお茶を販売する他、カフェスペースでは、オリジナルスイーツやドリンクを提供。さらに子どもたちが無料で遊べるアスレチックも用意する。

今回オープンしたバギーカート常設コースには10台のマシンを用意。プロポ(送・受信機)は子どもにも扱いやすいホイラータイプを使用。利用にはポイントカードの発行が必要で、料金は3分100円。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 世界最大級のRC拠点「つくばラジコンパーク」誕生…新たな市場発掘へ、ヨコモ本社も移転 画像 世界最大級のRC拠点「つくばラジコンパーク」誕生…新たな市場発掘へ、ヨコモ本社も移転
  • 球界のラジコン王 山本昌、オートバックスのドローンアンバサダーに就任 画像 球界のラジコン王 山本昌、オートバックスのドローンアンバサダーに就任
  • 自宅が建設現場に、本格的アクションが楽しめる「CAT RC建機シリーズ」登場 京商 画像 自宅が建設現場に、本格的アクションが楽しめる「CAT RC建機シリーズ」登場 京商
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

おすすめのニュース