北海道のバス会社、新型コロナウイルスの影響で営業休止 東京商工リサーチ

2月27日、東京・市川
  • 2月27日、東京・市川

東京商工リサーチによると、観光バスやスクールバス、ハイヤーを運行する味十商事(北海道浦河町)が2月29日付で業務を休止した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外国人観光客を中心とした観光バスやハイヤー利用者が激減、スクールバスも運行再開が見通せなかった。

味十商事は2002年12月に設立。浦河町の本社と札幌市内の事業所を構え、バス約10台、ハイヤー5台で、中国など外国人向け観光ツアーの貸し切りバス運行を中心に、ハイヤー、スクールバスの運行も手がけていた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で外国人観光客のバスツアーのキャンセルが相次ぎ、「2月の売上はほぼゼロ」(同社)に落ち込み、営業休止を決断。約10名の従業員は2月29日付で解雇した。

また、浦河町内のスクールバスの運行も数年間にわたり手がけており、町内100名超の子どもが利用し、1日に複数台を運行。しかし、小学校の一斉休校で先行きを見通せなくなっていた。スクールバスの運行は年度更新で、味十商事は3月末の契約終了を前に運行断念を教委に通知。2020年度の新規契約の入札を辞退している。

味十商事の関係者は、営業開始時期について「全く見通せない。社内では今年は無理ではないかと話している」とコメントしている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース