【F1 ベルギーGP】ルクレールが他を圧倒する速さで自身3度目のポールポジションを獲得

F1ベルギーGP
  • F1ベルギーGP
  • F1ベルギーGP
  • F1ベルギーGP
  • F1ベルギーGP
  • F1ベルギーGP
  • F1ベルギーGP
  • F1ベルギーGP
  • F1ベルギーGP

F1第13戦ベルギーGPの公式予選が31日、スパ・フランコルシャン・サーキットで行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が2位を0.7秒離す圧倒的なタイムでポールポジションを獲得した。

3回のフリー走行をすべてワンツーで終えたフェラーリの勢いは予選が始まっても止まらず、最終的に予選Q3でシャルル・ルクレール(フェラーリ)が1分42秒519のタイムを記録してポールポジションを獲得した。ルクレールに挑んだのはチームメイトのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。しかしアタック中に前のマシンに引っかかり、0.748秒遅れの1分43秒267で2番手だった。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)はフリー走行3回目でクラッシュし予選の出走が危ぶまれたが、修理が間に合い3番手。バルテリ・ボッタス(メルセデス)が4番手。トラブルが続くも何とかQ3まで進んだマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が5番手だった。今回はルノー勢の調子が良く、6番手にダニエル・リカルド(ルノー)、7番手にニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)と続いた。

レッドブル・ホンダに電撃移籍したアレクサンダー・アルボンは、パワーユニットの交換によるペナルティで最後尾スタートが決まっているため、Q2でタイムアタックを行わず14番手。ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)は16番手、ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)は18番手だった。

F1ベルギーGP 公式予選結果
1. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分42秒519
2. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分43秒267
3. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分43秒282
4. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分43秒415
5. マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)/1分43秒690
6. ダニエル・リカルド(ルノー)/1分44秒257
7. ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)/1分44秒542
8. キミ・ライコネン(アルファロメオ)/1分44秒557
9. セルジオ・ペレス(レーシングポイント)/1分44秒706
10. ケビン・マグヌッセン(ハース)/1分45秒086

以下Q2
11. ロマン・グロージャン(ハース)/1分44秒797
12. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分44秒847
13. ランス・ストロール(レーシングポイント)/1分45秒047
14. アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)/1分45秒799
15. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)/No Time

以下Q1
16. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)/1分46秒435
17. カルロス・サインツ(マクラーレン)/1分46秒507
18. ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)/1分46秒518
19. ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)/1分47秒548
20. ロバート・クビサ(ウィリアムズ)/No Time

《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

  • 【F1 ベルギーGP】シーズン後半戦がスタート、フリー走行2はフェラーリーのワンツー 画像 【F1 ベルギーGP】シーズン後半戦がスタート、フリー走行2はフェラーリーのワンツー
  • 【F1】今季後半開始を前に来季への動きいくつか…ボッタスはメルセデス残留、ベトナム初開催&オランダ復活の2020年は最多22戦 画像 【F1】今季後半開始を前に来季への動きいくつか…ボッタスはメルセデス残留、ベトナム初開催&オランダ復活の2020年は最多22戦
  • 【F1】レッドブル・ホンダ、次戦ベルギーからアルボンを“昇格起用”…ガスリーはトロロッソへ 画像 【F1】レッドブル・ホンダ、次戦ベルギーからアルボンを“昇格起用”…ガスリーはトロロッソへ
  • 【F1 ハンガリーGP】ハミルトンが2ストップ作戦を決めて逆転勝利、今季8勝目 画像 【F1 ハンガリーGP】ハミルトンが2ストップ作戦を決めて逆転勝利、今季8勝目

特集

おすすめのニュース