AIが渋滞など交通状況を自動検知、富士通がシステムを販売

イメージ
  • イメージ
  • パブリックセクターソリューションAI検知システムの概要

富士通は7月26日、AI技術を使って道路上の監視カメラ映像から車両を検知し、車両の停止や混雑などを自動判定し、交通状況を監視する道路監視員へ事象を通知するシステム「パブリックセクターソリューションAI検知システム」を提供開始すると発表した。

「AI検知システム」は、AIのディープラーニング技術によって車両を検知し、車両の停止や混雑、低速、逆走、避走などの事象判定ロジックと組み合わせることで、それらの事象を自動検知。自動で道路監視員にアラームで通知して監視業務を支援し、迅速な対応につなげる。

システムはAIによってカメラ映像から乗用車、トラック、バスなど様々な車両を自動検知。ディープラーニング技術によって様々な条件の車両画像を教師データとして学習させることで、天候や昼夜などの外部環境に左右されず、カメラの画角を設定することなく、旋回やズームしても正確に車両を自動検知する。

一定時間車両の位置に変化がなかった場合は停止、一定数量以上の車両が存在すれば渋滞と判定する。結果を道路監視員へマップ表示やアラームで通知する。今後、低速、逆走、避走といった事象の検知を追加していく予定。

検知した事象は、発生前後の映像を自動でライブラリ保存する。これによって発生事象の原因究明や、今後の対策に活用できる。

同社では今後、「AI検知システム」で蓄積された異常事象の映像ライブラリから異常事象発生を予測して未然に防ぐほか、事前に初動体制を構築できるサービスへと拡充していく方針。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 攻めのIT経営銘柄---JXTGやブリヂストン、富士通など 画像 攻めのIT経営銘柄---JXTGやブリヂストン、富士通など
  • 試乗車を従業員の乗合通勤に利用…富士通のオンデマンド交通システムを活用 画像 試乗車を従業員の乗合通勤に利用…富士通のオンデマンド交通システムを活用
  • コネクテッドカーへのサイバー攻撃を検知、富士通研究所が技術を開発 画像 コネクテッドカーへのサイバー攻撃を検知、富士通研究所が技術を開発
  • F1ドイツGPでレッドブル・ホンダ今季2勝目、ホンダ勢は27年ぶりダブル表彰台[新聞ウォッチ] 画像 F1ドイツGPでレッドブル・ホンダ今季2勝目、ホンダ勢は27年ぶりダブル表彰台[新聞ウォッチ]

特集