光岡50周年記念モデル『ロックスター』がラインオフ、初号車オーナーととも喜びを分かち合う

光岡ロックスターのラインオフセレモニー
  • 光岡ロックスターのラインオフセレモニー
  • 光岡ロックスターのラインオフセレモニー
  • 光岡ロックスターのラインオフセレモニー
  • 光岡ロックスターのラインオフセレモニー
  • 光岡ロックスターのラインオフセレモニー
  • 光岡ロックスターのラインオフセレモニー
  • 光岡ロックスターのラインオフセレモニー

光岡自動車は7月23日、創業50周年記念モデルの新型車『ロックスター』のラインオフセレモニーを実施。初号車購入オーナーを招き、ともにラインオフの瞬間を分かち合った。

ロックスターのコンセプトは「やんちゃ×スタイリッシュ×楽しさ」。マツダ『ロードスター』をベースに、1960年代の2代目シボレー『コルベット』、通称「C2」と呼ばれるコルベット・スティングレイを想起させる個性的なスタイリングを採用した。大量生産車が多く存在する中、ロックスターは、理屈抜きでその魅力を発揮。シンプルかつストレート、クルマを愛してやまないユーザーに対する光岡自動車の自由闊達な楽しさを象徴するモデルとなっている。

ロックスターは469万8000~518万4000円の価格帯で、2018年12月1日より受注を開始。わずか4か月弱で限定台数の200台に達した。最初の50台は年内出荷、51台目以降は2020年に75台、2021年に75台の出荷を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集